メンチカツ

ハンバーグの応用レシピ

スポンサードリンク

基本的なハンバーグのレシピとそれを少しだけアレンジしたものは前ページで紹介しましたが、ハンバーグには実に多くの応用料理が存在することも紹介しました。そのハンバーグの応用方法は、誰もが知っている料理から、ほとんど知られていないものまであります。「え、これってハンバーグの応用だったの?」と思われるような料理もあるでしょう。

ハンバーグの応用1-メンチカツ

メンチカツは誰もが知っているでしょう。肉に衣をつけて揚げて食べる料理ですね。メンチカツというと、「コロッケの中身が肉になったものじゃないの?」と思われそうですが、実はメンチカツはハンバーグに衣をつけて揚げたのが始まりなのです。

メンチカツの作り方は非常に簡単で、ハンバーグのタネを作り、他のカツ料理と同様に小麦粉、卵、パン粉で衣をつけて揚げるだけといったものです。メンチカツはお店の惣菜コーナーなどにも普通においてありますし、わざわざ自分で作る機会はないかもしれませんが、非常に簡単に作れますし、一度は自家製のメンチカツにチャレンジして欲しいものです。

ハンバーグの応用2-肉詰めピーマン

この肉詰めピーマンも有名な料理ですね。ピーマンに肉を詰めて焼いた料理です。お子さんは野菜が嫌いな子も多く、特にピーマンはその独特の苦さから嫌いな野菜の代表格と言われていますが、肉詰めピーマンにすると食べられるという人も結構いるでしょう。このピーマンに詰める肉もハンバーグのタネです。

作り方はやはり簡単で、ピーマンを切って中を空洞にしたものにハンバーグのタネを詰めて焼くだけです。ピーマンを除けば残りはハンバーグですし、ピーマンを加熱することでピーマン独特の苦味も薄れますから、結構多くの家でも作っているのではないでしょうか。

ハンバーグの応用3-ハンバーグカレー

ハンバーグとカレーは日本人に好まれる代表的な料理ですから、当然この2つを同時に味わえるものが編み出されても不思議はなく、現にハンバーグとカレーを一緒にしたハンバーグカレーというものがあります。

作り方は至って簡単で、ハンバーグとカレーを別々に作り、ご飯の上にハンバーグをのせてそこにカレーのルーをぶっかけるだけというシンプルなものです。カツカレーのカツがハンバーグになっただけと言ってもいいですね。これをハンバーグの応用とするのには何か違うような気がしないでもないですが、ハンバーグカレーは人気があり、街中にあるカレー屋さんでも数あるカレーの一種として普通に販売されています。

ハンバーグもカレーもそれ単独でご飯のおかずとなるものですから、わざわざ一緒に作らなくても・・・と思う人もいるかもしれませんが。

ハンバーグの応用4-ハンバーグ丼

先のハンバーグカレーはご飯の上にハンバーグとカレーをかけたものですが、そこからカレーを抜いて、ご飯の上にハンバーグをのせていただくハンバーグ丼というものもあります。これも作り方はハンバーグカレーと同じく至って簡単で、ご飯の上にソースで味付けされたハンバーグをのせて豪快にいただくというものです。

ハンバーグ丼の場合は、ハンバーグに何らかの味付けされたソースをかけてあることが多く、その多くはデミグラスソースが使われています。デミグラスソースだけでもご飯にかけておいしくいただけてしまうので、それにハンバーグが加わっているハンバーグ丼は言うには及ばないでしょう。わざわざ丼にしなくてもいいじゃんという声も聞こえてきそうですけど。

ハンバーグの応用5-ハンバーガー

これまでのハンバーグの応用は、ご飯と一緒、あるいはご飯のおかずとしていただくのが前提になっていますが、パンと一緒にいただいたって別にいいだろ、ということでパンにハンバーグを挟んでいただくのがハンバーガーです。

ハンバーガーは非常に有名ですし、街中にも無数にハンバーガーショップが存在していますから説明は特に必要ないでしょう。ハンバーグだけではなく、レタスなどの生野菜が一緒に入れられていることが多いですね。

ハンバーグの応用6-スコッチエッグ

今までのハンバーグの応用料理は日本人に馴染み深いもの、あるいはちょっと考えるだけで思いつきそうなものばかりでしたが、世界中にはまだまだハンバーグを応用した料理が存在しています。その一つがこのスコッチエッグです。

スコッチという名前から想像がつく人もいるかもしれませんが、このスコッチエッグはスコットランド料理です。

作り方自体は簡単で、ゆで卵をハンバーグのタネで包み、それに衣をつけて揚げるだけです。

メンチカツのど真ん中にゆで卵が入っているものだと考えてもらえばいいでしょう。普通の卵でもいいですが、鶉の卵を使った小型のスコッチエッグもあります。

以上、ざっとハンバーグを応用した料理を紹介しました。

ハンバーグは工夫できる余地が非常に大きいので、その分バリエーション豊富なハンバーグの料理がありますし、今後、さらなる画期的なハンバーグの応用料理が発明される可能性があります。もしかしたら、あなたの家でも世間に知られていないオリジナルのハンバーグ応用料理を作っているのかも知れませんね。